おみ漬

この商品の特徴

山形のお漬物の代表

山形の昔からのお漬物といえば、一番有名なのは「おみ漬」です。

当店のおみ漬は昔ながらの作り方です。
山形青菜(やまがたせいさい)を刻んで丁寧に手揉みをし、大根・人参・スルメを加え、昆布だしの効いた特製醤油タレで漬け込みました。

昔懐かしい青菜漬で美味しいと好評いただいております。

※山形青菜そのものを楽しみたい方には「青菜漬」もおすすめです。

無添加のおみ漬けです

丸昌のおみ漬は、昔ながらの「無添加」です。

小さなお子様でも安心してお召し上がりいただけるよう、ご家庭にある醤油・砂糖など馴染みのある物のみで漬け込んでおります。
実際、私の子供も「おいしい!」と言って食べているので、自信を持っておすすめできます。

また、合成添加物を使っていないことで、山形青菜の本来の味や風味を存分に堪能いただける「美味しいおみ漬」になっております。

おみ漬は発酵食品

昔ながらの無添加製法ですので、作ったばかりの当店のおみ漬には発酵による乳酸菌が生きています。
そのため、日に日に熟成がすすんで酸味が増していくのです。

当店のおみ漬をご愛用くださっているお客様の中には、

「私はすっぱいおみ漬が好きなので、多めに買って寝かせているんですよ!」

という方もいらっしゃいます。
自分好みの熟成タイミングでいただくのも、当店のおみ漬ならではの楽しみ方です。

食材について

山形青菜(やまがたせいさい)

山形青菜について詳しくはこちらをご覧ください。

大根

丸昌では、さわやかな辛味が山形青菜と相性の良い、生の大根を使っています。

おみ漬の造り手によっては、辛味がなく甘みの多い干し大根を使うこともあります。
しかし、大根は干すことで辛味成分であるイソチオシアネートが減少します。(参考:切干し大根の調理特性について

丸昌は大根の本来持つ「辛み」も活かすため、生の大根にこだわります。

外部からの評価

農林水産大臣賞をいただきました

当店の「おみ漬」は平成二年度農林水産大臣賞をいただきました。

山形県で4年に1度開催しております 「漬物オリンピック」 こと山形県漬物展示品評会があります。

当店の「おみ漬」は、平成二年度農林水産大臣賞をいただく等、山形県内におきましても広く味を認めていただいております。
今後もいっそう努力しておいしいお漬物を作り続けて参ります。

メディアでも紹介されております

所さん お届けモノです!(2020/11/1放送)で紹介されました。

放送局:株式会社毎日放送
番組名:所さん お届けモノです!(2020/11/1放送)
内容:#184「アンテナショップで絶品グルメ探し!」で、当店の「おみ漬」が紹介されました。所ジョージさんに「おいしい!」を連発していただき好評でした。

「Hanako」(2008/3/13号)で紹介されました!「Hanako」(2008/3/13号)で紹介されました!

出版社:株式会社マガジンハウス
媒体名:Hanako(2008/3/13号)
内容:「63ページ 食卓にシアワセを呼び込む、全国おいしいもの図鑑。」の記事で、当店の「おみ漬」が紹介されました。「シャキシャキした食感で、お茶漬けにしても二重マルのおいしさ。」と好評をいただきました。

おすすめの食べ方

おみ漬の食べ方についてはこちらをご覧ください。

商品情報

おみ漬(220g)

おみ漬(220g)のパッケージ画像

山形のお漬物の代表!美味しいと評判の無添加のおみ漬です。

おみ漬(1kg・徳用サイズ)

おみ漬(1kg・徳用サイズ)のパッケージ画像

こちらは大口のお客様向けで、お得な業務用サイズです。

食品一括表示

名称 醤油漬
原材料 青菜、大根、人参、スルメ、昆布
漬け原材料(醤油、砂糖、水飴、みりん、醸造酢)
(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
原料原産地 国産(青菜、大根、人参、スルメ、昆布)
内容量 上記商品欄に記載
賞味期間 製造日より14日間(夏期間は10日間)
保存方法 要冷蔵(0~10℃)
使用方法 開封後は冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がり下さい。
塩分量 2.8g(100gあたり)

お客様の声

おみ漬(220g)

おみ漬(1kg・徳用サイズ)